警告灯が「点灯又は点滅している」車両は車検が受けられなくなりました。

警告灯が「点灯又は点滅している」車両は車検が受けられなくなりました。自動車技術総合機構並びに軽自動車検査協会は、「検査時における車両状態」を審査事務規定に規定しました。その中に、原動機作動中において、原動機(エンジン)とブレーキ(ABS含む)、エアバック(前席・側席)に関する識別表示が継続して点灯、又は点滅している車両は、適切な審査が出来ないとの考えで受検できなくなりました。