車検について

車検とは2年に一度しなくてはならないと決められています。(貨物車は1年)
車検は国土交通省陸運局に自動車を持ち込みあらゆる項目で整備不良がないか検査員によりチェックされます。車検を通過した車には次回の車検期日の年月が印刷された車検のステッカーが交付され、フロントガラスの中央に貼付されます。

車検にはディーラー(メーカー販売店)で受ける車検と、それ以外の車検に分けられます。ディーラー以外での車検は修理工場で行うのが一般的ですが、それ以外に車の持ち主が直接陸運局に車を持ち込む「ユーザー車検」があります。

ディーラーで受ける車検は部品の在庫が豊富にあり自動車のデータも持ち合わせているので安心できるのが特長ですが、メーカーとしての責任から常にお客様へ最善の状態を提案するため過剰な整備を行い費用が高くなってしまうことがあります。
また、ディーラーの場合は自社に検査員がいるためすべて自社内で車検を終了することができます。

一般の修理工場はあらゆる車種に対応し整備を行っているとこが多く、良いところは、比較的ご自宅の近くに位置しているということと、ご予算に合わせた車検ができるということです。

ユーザー車検はお客様が個人で受ける車検ということですので、すべての手続きをご自分でやることにより手数料を削減し、安価で車検をうけることができます。
今ではご自分で車検を受けられた人たちがブログで公開したり、説明してくれるホームページもあります。ですが、慣れていないユーザーが車検場に車を持ち込むことになると大変な手間がかかり、また不具合箇所が発見された場合は部品交換などの作業もあり大変な時間を浪費し、当日に完了できないケースも多々あるようです。修理個所を直してくれる工場を探したり、改めて後日再検査を受け直すなどのリスクがあります。

これから車検を受けられる皆様にはこれらのメリットとデメリットを理解されたうえで車検に臨んでいただければ費用も時間も節約できると思います。

車検代行センターは、お客様に代わりユーザー車検を代行することを目的としており、安価かつスムーズに作業を完了させることを基本としています。さらに付け加えて、安心できる車検をご提供すべく自動車整備士の資格を持つスタッフが整備を行っています。気付いた不具合箇所はお客様に情報を開示し、お客様のご予算に合わせて車検を行っております。もし、不具合などが見つかった場合でもご安心下さい。状態のご説明、お見積りを速やかに行い、お客様のご同意の上、最善の方法で行ってまいります。