車検代行とは

車種により異なりますが、お車をご購入されると1年から3年に一度必ず車検を受け保安基準に適合した安全な車両であることを検査する義務が発生します。
通常の場合は、車をお買い求めになられた自動車屋さんで車検を受けるか、町の修理工場で受ける場合が多かったのですが、最近はガソリンスタンドでも車検のサービスを行っています。

車検は国家資格を持つ自動車整備士が整備を行い、陸運事務所が検査する場合がほとんどですが、車検は個人の方が持ち込んでも受けることができます。
個人が陸運事務所に車を持ち込み車検を受けることを「ユーザー車検」といいます。
ユーザー車検のいいところは、車検を自分で受検する為、費用が安くなるところでありますが、大変な手間がかかり、時間的なロスがあるところがデメリットであると言えます。

車検代行とは、「ユーザーに代わって車検を代行してくれる業者」のことを言います。
車検代行業者は毎日のように陸運事務所で車検業務を行っているので大変スムーズに車検を受けることができます。

近頃では車検代行業者も増えてきていますが、車検を代行するだけで整備技術を持ち合わせない業者もわずかではありますが存在しています。

どのように業者を選択するのかは大変難しいことではありますが、まずは自動車整備士の有資格者が行っていることが基本であると考えます。
また合わせて修理を行う作業場の環境も大事だと考えます。
弊社の工場は国から認定された認証工場でお客様からお預かりした大切なお車の整備を行っています。
車検代行センターでは安いだけではない、安心を兼ね備えた車検をモットーに営業させて頂いております。